読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こむろぐ

物を通して自己分析するブログ

カレンダーは絵画のように使う

好きなカレンダーを使っていますか?

f:id:ues-iw_mi-san:20151011221048j:plain

 

来年まで残すところあと3ヶ月を切りました。早いもんですね。

 

ところで、みなさんは自宅のカレンダーは自分で買っていますか?

 私はここ10年くらいは適当なもらい物で済ませていました。

使わないともったいないって理由で、特に好きでもないカレンダーを使ってました。

 

だからなのか、部屋でカレンダーって全然見ないです。というか使ってません。

スマホがあるからいらないっていう機能面もあるけど、愛着の問題もあるのかも?

それに気付いたのがつい先週だったので、来年のカレンダーは自分の好きなカレンダーを買おうと決めました。

 

私のカレンダーの条件

そんな私のカレンダーの条件はただ一つ、

 

飾って眺めたくなる絵があること。

 

かわいいもの、美男美女、世界中の素晴らしい写真を使用したカレンダーはたくさんありますが、私はカレンダーになってしまうとかえって安っぽく感じてしまいます。

やっぱりプロが撮った写真は、カレンダーよりも写真集や映像媒体で見た方が美しく感じます。

 

じゃあ絵はどうなのか?というと、絵は最初から眺めるために存在するから、見てて飽きない。最初から平面だから、写真ほど薄っぺらく感じにくいというのもあります。

 

今年のこむのカレンダーはこれだ!

 

http://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/velkommen/cabinet/2015cl-apj/apj-2016-cl-101.jpg?_ex=400x400&s=0&r=1

 

【楽天市場】ウォールポケット 壁掛け カレンダー 2016年 maegamimami アート インテリア 220×305mm 2016 Calender 絵画 国内作家APJ 平成28年暦 通販 【プレゼント】ベルコモン【CLP】:雑貨&アートの通販店ベルコモン

 

 maegamimami(まえがみまみ)さんのカレンダー。

特に彼女のファンってわけじゃないですが、現代アートっぽい作品のカレンダーは意外となくて、そんな数少ない中でも彼女のカレンダーだけはじっと眺めてたいと思えました。

 

厳選された好きなもので生活するために

去年、今年は「捨て」と「シンプル」にこだわってきましたが、来年からはさらに厳選された好きなもので暮らしていきます。

その手始めとして、新年を記録するカレンダーもこだわってみました。