読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わたしの頭の中

物を通して自己分析するブログ

好きだった人からホストの営業かけられた話

モテる

ついさっきの事ですが、大学時代の好きだった先輩から突然LINEが来ました。

 
 
先輩: 今なにしてるの?( ^ω^ )
 
 
最初は詐欺だと思いました。だって先輩は顔文字入れるようなメールはしない人でした。でもLINEのプロフィール見る限り、出会い系メールにありがちな自撮りもないし、風景とペットの写真ばっかり。怪しみつつ会話を進めました。
 
 
私: お久しぶりですね! 今学生に戻りました!
 
 
そこから今どこに住んでるか、自分がなにしてるかの会話になっていきました。先輩は今、札幌でホストになってました。正体バラした途端、そっから営業がぐいぐい始まりました。
 
先輩:こんど店においでよ~
 
私: 敷居が高いです!
 
先輩: ホストって今フラットな感じになったんだよ!
 
私: (気軽に行けないから敷居が高いんだけど…)
 
ああいう雰囲気の店は苦手なんで遠慮します。
 
先輩: 俺はこむが考えてるような雰囲気じゃないよ!
 
私: 先輩の雰囲気はなんだっていいんです。飲むならホストとしてじゃなくて、オフの日に個人的に飲みに誘って下さい。
 
先輩: 俺オフの日ほとんどないんだよ〜。


私: どっちにしても一人じゃ絶対行けないので、来るときは友達連れて行きますから、その時にまた連絡しますね!(やんわり拒否してみた。気づけ!)
 
 

先輩: 友達と来るならその子も安くするよ!一人じゃ不安なら迎えに行くよ!

 
 
私: いや、大丈夫です。来るとき私から連絡しますから!
 
先輩: いつ来る?明日来てくれたらめっちゃテンション上がるんだけど笑
 
私: 無理っすわ。特別な時に来ます
 
先輩: それはいつ??
 
私: (返事返すのめんどくさい…拒否しよう)
 
 
結局私がやり取りに疲れてブロックして終わりました。
 
 
昔好きだった人から連絡が来たのは嬉しかったけど、ホストの営業のタネ撒かれるのはがっかりでした。
 
 
純粋に先輩後輩として飲みに誘ってくれたのかなー?とか考えてましたが、全然そんな訳なくて自分の考えが浅はか過ぎて泣けてきます。
 
 
ちなみに彼のお店で遊ぶには7000円が平均単価で、友達割引きしても5000円くらいかかるそうです。それにフードとか飲み物別らしいです。
 
 
安くしてくれたのでしょうが、彼に会うために5000円以上払うならもっと有意義な使い方したいと思いました。そもそもこんな会い方望んでないし、営業かけられた時点で会いたくないです。
 
 
最近は学校以外で生身の男性と出会うきっかけがなかったので先輩からの連絡にちょっと期待しましたが、やはり自分から行動してフィールドを広げた方が良さそうです。待ってて来るものより、探して得る方が目利きにもなるでしょうし。
 
 
裏があるようなお誘いは勘弁してほしいです。
 
2015/1/13 文章再編集しました